適正在庫を保つコツ、教えます。在庫管理コラム

TOP 在庫管理コラム 第1章 在庫管理の目的

はじめに

みなさま、こんにちは!
このコーナーでは在庫管理でお困りの方を対象に、在庫管理に関する知識やノウハウをご紹介しています。
創業以来、われわれはモノづくりが盛んな愛知県に本社を構え、現場改善を通じてモノづくりの現場を微力ながら支えて参りました。その中でも特にご相談が多かったのは、在庫管理に関するものでした。なぜなら、在庫管理はあらゆる企業において避けては通れない永遠のテーマだからです。そこで、少しでもみなさまのお役に立てればと思い、在庫管理に関する情報提供をさせて頂くことに致しました。
なお、このコーナーは「在庫管理が初めての方でも分かりやすい」をコンセプトしていますので、難しい専門用語や複雑な計算式はなるべく使わず、在庫管理をする上で知っておくべき基本知識を厳選しています。お気軽にお読み頂ければ幸いです。

第1章 在庫管理の目的

そもそも、なぜ在庫管理を行う必要があるのでしょうか?
一つは、企業のキャッシュフロー(お金の流れ)を増やすためです。企業は利益が出なくてもすぐに倒産することはありませんが、資金繰りに行き詰る(手元の現金がなくなる)と倒産してしまいます。つまり在庫を多く抱えてしまうことは、回収できていないお金が増えることになるので、資金繰りに行き詰る可能性が高くなってしまうのです。だから、運転資金をきちんと確保するためにも、在庫管理を行う必要があるのです。
もう一つは、顧客が欲しいものを欲しいときに提供できるためです。もし在庫が少なくて顧客の要望に応えられない場合、企業は大切なビジネスチャンスを失ってしまいますよね。こうした機会損失を防ぐためにも、やはり在庫管理を行う必要があるのです。
この二つの目的を達成するためには、一体どうすればいいのでしょうか?そう、「適正な在庫を保つ」ことです。 そこで、次項から適切な在庫を保つために必要な、在庫管理の基本についてご紹介していきます。