適正在庫を保つコツ、教えます。在庫管理コラム

TOP 在庫管理コラム 第2章 在庫管理の基本

第2章 在庫管理の基本(5S、ABC分析、在庫の定義)

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)

在庫管理を始めるとき、まず最初にどんなことを行うべきだと思いますか?
仕組みづくり?それともシステムの導入?いいえ、違います。「5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)」です。

  • 整理(せいり:Seiri)
  • 整頓(せいとん:Seiton)
  • 清掃(せいそう:Seisou)
  • 清潔(せいけつ:Seiketsu)
  • 躾(しつけ:Shitsuke)

5Sとは、製造現場において安全や品質向上を目的とした「整理」「整頓」「清掃」に、「清潔」「躾」が加わった職場管理の基盤を作る活動のことです。5Sは単なるスローガンではなく、それぞれ目的や手法が定義されています。

整理(せいり:Seiri)

「いるもの」と「いらないもの」を区別して、「いらないもの」を捨てること。つまり、職場内からムダなもの、ムダなスペースを無くすことです。

整頓(せいとん:Seiton)

「いるもの」を素早く取り出せるように、置き場所や、数量、置き方を決めること。つまり、ものや情報の共同利用をしやすくすることです。

清掃(せいそう:Seisou)

身の回りを整頓し、ゴミがない、汚れがない状態にして、点検すること。つまり、異常が発生すれば一目で分かる状態にすることです。

清潔(せいけつ:Seiketsu)

ゴミがない、汚れがない状態を保つこと。つまり、あらゆるものや情報が完全に管理された状態を維持することです。

躾(しつけ:Shitsuke)

整理・整頓・清掃・生活が習慣になっていること。つまり、そこで働く人の意識と行動を改善するということです。

こんな単純なことが重要なの?そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、5Sの徹底は案外難しいものです。それに5Sが出来ていない現場や、アナログでの運用が整っていない現場にシステムを入れたところで、まったく機能しません。在庫管理をきちんとするには、まずは5Sから見直してみてください。

ABC分析

ABC分析とは、在庫品を金額などでランク分けして、それぞれの傾向を見る基本の分析手法です。 全ての在庫を一気に管理しようと思うと少々大変ですが、ABC分析を行うと重要度の高い品目が分かるので、まずは重要なものから管理を始めるということもできます。やり方は簡単なので、ぜひやってみて下さい。

ABC分析表の作り方
  1. 1.在庫品目ごとに金額を集計し、金額の大きい順に並べた表を作る
  2. 2.金額を累計し、合計金額に対する累積構成比(%)を算出する
  3. 3.金額の累積構成比を元に、品目をA・B・Cのクラスに区分する

クラスの分け方は、累積構成比が70~80%をAクラス、80~90%をBクラス、90~100%をCクラスとすることが一般的ですが、どこで分けるかは製品の特性に応じて変えても大丈夫です。

No 品目 金額 累積金額 累積構成比 ランク例
1 アイテム1 13000 13000 43.3% A
2 アイテム2 9500 22500 75.0%
3 アイテム3 1500 24000 80.0% B
4 アイテム4 1300 25300 84.3%
5 アイテム5 1200 26500 88.3%
6 アイテム6 1000 27500 91.7% C
7 アイテム7 900 28400 94.7%
8 アイテム8 800 29200 97.3%
9 アイテム9 500 29700 99.0%
10 アイテム10 300 30000 100.0%
ABC分析図の作り方

ABC分析図は、棒グラフと折れ線グラフを組合わせたグラフで、品質管理などで使われるパレート図と実質的には同じものです。ABC分析表を元に、さっそく作ってみましょう。

  1. 1.横軸に各在庫品目をとり、金額の大きい順に並べる
  2. 2.縦軸(左)に金額をとり、大きい順に棒グラフを作る
  3. 3.縦軸(右)に累積構成比をとり、折れ線グラフを作る

出来上がったABC分析図を見ると、在庫金額の80%は上位20%の在庫品で占められていることに気付くと思います。 (俗に80:20の法則とも呼ばれています) すなわち、重要な品目は少数なので、それを重点的にケアすると効率がよいことが分かります。

在庫の定義

一言で在庫といっても、いろいろな種類があります。例えば、製品をつくるための材料の在庫、製品を作っている途中の半製品の在庫、完成した商品の在庫などなど...。意外に忘れがちなのが、これらの定義をしっかりしておくことです。特に決算書上などの財務における分類と、製造工程などの現場における分類の定義があいまいだと、在庫の数値に狂いが出てしまうので注意が必要です。

また、在庫の性質によっても、在庫はいくつかに分類することができます。例えば、常に回転している常備品の在庫、需要やリードタイムの不確実性に伴い確保しておく安全在庫などなど...。在庫の性質を定義して数値化しておくことで、常備品でもこの量を超えてしまったら過剰在庫になるなど、どの状態なら良いのか、悪いのかを判断できるようになります。

以下に在庫の定義や分類例をご紹介しますので、ぜひ一度見直してみて下さい。

(1)財務と製造工程における在庫の分類
財務 製造工程
商品 商品
製品 製品
半製品 半製品
部品 購入
外注
社内
仕掛品 仕掛品 工程待ち
ロット待ち
原材料 原材料 原料
資材
補助原材料 副資材
(2)性質の違いにおける在庫の分類
大分類 中分類 備考
運転在庫 常備品 常に使う在庫
非常備品 必要な時に、つど入手する在庫
安全在庫 需要などの不確実性に伴う在庫
政策在庫 見越し在庫 予測される変動に対応する為の在庫
投機買在庫 投機的な調達により発生する在庫
サービス在庫 顧客の要請に応える為の在庫
不要在庫 過剰在庫 常備品のうち標準量を越えた在庫
流用在庫 他に転用が可能な在庫
長期保管在庫 長期に渡り保管している在庫
要除去品 陳腐化在庫 不要となった製品在庫
劣化品在庫 品質の劣化で使用不可になった在庫