IS Communication Philosophy

TOP 会社案内 HEARTIS CP

お客様やメンバーとの円滑なコミュニケーションを
実現する上で、大切な考え方を以下のように定義しています。

 IS Communication Philosophy

思いやりと感謝の気持ちで相手を理解する
自分の意見やアイデアを伝える
お互いが幸せになる選択をする

どうして対立は起こるのでしょうか?

立場や役割が違うと、お互いの利害が一致しないため、対立してしまうことがしばしばあります。しかし、HEARTIS CPに基づいた考え方で話し合えば、誰でも円滑なコミュニケーションを実現することができます。

まずは相手の背景をしっかり把握

初めに意見を言い合うのではなく、まずはお互いが抱えている問題や事情などの背景について聞き、相手の状況をしっかり理解します。

お互いの意見を“真ん中”=場に出す

その上で、相手に対して意見を言うのではなく、お互いの意見を”真ん中”=場に出します。(例えば、ホワイトボードや紙などに書き出す等)

出し合った意見から、最適な物を選択

お互いの意見を”真ん中”=場に出すことで、冷静かつ客観的な判断が行える下地が整います。あとは、お互いが幸せになる選択を一緒に行います。

同じ目的に向かって歩む

一時的に片方が損をすることもあるかもしれませんが、 お互いの背景を理解した上で選択しているので、一緒の方向に向かって邁進することができます。