人からITを考える。

TOP 会社案内 スタッフ紹介 飯田 和正
飯田 和正

成功は、
小さな成功体験の積み重ね

田 和正(いいだ かずまさ)

専務取締役
事業統括本部 責任者

経歴

同志社大学卒業後、センサーメーカーのキーエンスに就職。10年間、FA(ファクトリーオートメーション)の現場を営業で飛び回る。その後、本社に異動し、販売促進や事業推進の部署を経験、SFA(営業統括管理)システム構築のプロジェクト責任者に就任。2005年、システムがリリースされ、プロジェクトが完了した事を契機に退職。その後、名古屋営業所勤務の際の上司だった村瀬さんと劇的な再会を果たし、ハーティスシステムアンドコンサルティングの役員として合流。営業活動の傍らCMOとしてマーケットの動向を分析しながら今後の事業の方向性を模索中。

実績

  • 部品供給指示システム導入(自動車部品製造業)
  • 完成品出荷検品システム導入(電機機器製造業)
  • 工程進捗管理システム導入(機械加工製造業)
  • 成型機補修用パーツの本社及び拠点在庫管理システム導入(機械製造業)
  • 電子実装部品の在庫管理及びピッキングシステム(電気機器製造業)
  • 切削工程向け レーザーマーカーQRコード印字システム(自動車部品製造業)
  • 社内情報統合管理システム I2CS企画

自己紹介

どんなサービスや商品が求められ、私たちは何を強化していかなければならないのかを、常に考え、営業活動を進めております。難解になりがちなシステムの話をより分かりやすくお伝えするために、これまで培ってきた膨大な実績を、お客様の製造品目や工程別に分けた導入事例を作成して活用しています。また、システムに完成は無いという信念のもと、運用が始まった後も改善を続け、GENBAに定着し、成長させていく為のお手伝いをしています。そして、今後に向けては新たなハードウェア機器などを活用して、業務の効率化を進められる仕組みの構築にも力を入れていきたいと考えています。

お客様へメッセージ

ハンディターミナルなどを活用した、データ収集のシステム導入を成功させるためには、GENBAの作業性を重視しなければなりません。そのために、最初はできるだけシンプルなシステム導入から始めることをご提案しております。基幹系とGENBA系のシステムは、一旦切り離して考えていきましょう。こうしてわれわれがシンプルなシステムをご提案する理由はひとつです。まずは、小さな成功体験を積むこと。それによってGENBAが良い方向に動き出すからです。また複雑に考えて検討期間が長期化してしまっては、改善のチャンスを逃している事にもなります。実際に始めていただければ、GENBAからアイデアが湧いてきて、改善のきっかけを作ることもできます。毎年150件以上のGENBAで培ってきたハーティスシステムアンドコンサルティングのノウハウを、ぜひお客様のGENBAでも活かしてください。

飯田 和正

Work

所属/担当エリア
専務取締役 事業統括本部 責任者 / 全国・海外
得意分野
製造現場とIT技術の幅広い知識を活かし、現場の課題を解決していくこと
飯田 和正

Private

趣味
仕事(?)、旅行
好きなこと
知らない道を車でドライブする事
休日の過ごし方
家族でアウトドアを楽しんだり、買い物したりすること