人からITを考える。

TOP 会社案内 スタッフ紹介

関わる人の調和を図りながら
フォローまで

榊原 佑介(さかきばら ゆうすけ)

GIS事業部 責任者
ディレクションチーム
シニアコンサルタント

Sakakibara

2007年4月入社

経歴

愛知大学 経営学部 経営学科 卒業。2007年ハーティスシステムアンドコンサルティングに入社、GIS事業部ディレクションチームに配属される。入社後は関東エリアを中心とした営業活動に奔走し、製造・物流・流通などの幅広い業界の現場を数多く経験。得意分野は製造業の出荷検品・払出の仕組み構築と、物流倉庫のロケーション在庫管理。現在はGIS事業部責任者としてマネージメントを受け持ちながら、関東エリアを中心に、現場改善コンサルタントとして日々邁進している。

実績

  • 備蓄部品の運搬かんばん管理システム導入(自動車部品製造業)
  • 農業用機械エンジン部品の払出ピッキングシステム導入(製造業)
  • 組立ラインの部品チェックシステム導入(電気機器製造業)
  • ハンディターミナル業務支援 実績収集システム導入(運送業小売業)
  • ハンディターミナル 製造実績収集システム導入(非鉄金属製造業)
  • 製品ロケーション在庫管理システム導入(製造業)

自己紹介

GENBAの改善のためには、その課題や要件に関わる人の心理を理解して提案することが非常に重要です。まずは相手の話に耳を傾け、発言の裏にある背景や心理、業務や要件の本質を捉えます。そのうえで、私たちの持つ様々なソリューションをもとに、相手にとっての最適な方法やアイディアを様々な角度で提案できることが私の強みと考えています。この強みを生かして、基本はお客様の課題や改善テーマを把握して、その解決のために必要な手段(システム導入、運用改善)の提案を行っております。また、課題の抽出や原因特定、解決案の立案にお困りのお客様には、私たちの持つノウハウを活かしたコンサルティングも行っています。

お客様へメッセージ

事業部責任者として、また一人のプレイヤーとして、より高い価値を様々なお客様に提供できるように今のGIS事業部の元来の強みを土台にしながらも、時流に合わせたご提案の形に変化させていきたいと考えています。最初は中部地区の製造業から始まり、さまざまな業種のお客様への提案を行ってきました。その中で培ってきたノウハウと強み、そしてその中から生まれた弊社独自のコンサルティングサービスを活用して、お客様に最適なご提案をいたします。経験に基づいているからこそ、その効果には絶対的な自信があります。困難なことがあっても、常に前向きな姿勢で楽しみながら仕事をしているメンバーたちと一緒にお客様の課題を解決いたしますので、いつでもお気軽にご相談ください!

Work

所属/担当エリア
GIS事業部 責任者/ 関東エリア・中部地区の自動車製造業
得意分野
払出の仕組み構築、倉庫のロケーション在庫管理、わかりやすい提案書作り

Private

趣味
ギター、子守、お酒、読書
好きなこと
新しいものを買うこと、家族と過ごすこと
休日の過ごし方
家族との時間、ドライブ