人からITを考える。

TOP 会社案内 スタッフ紹介

女性視点で発信する開発者

塚本 絢菜(つかもと あやな)

GIS事業部
プロデュースEGチーム

Tsukamoto

2017年入社

経歴

滋賀大学 経済学部 情報管理学科 卒業。2017年ハーティスシステムアンドコンサルティングに入社後、プロデュースエンジニアリングチームとしてハンディーターミナルのアプリケーション開発を中心とした業務に携わっている。

実績

  • 照合システム開発(自動車部品製造業)
  • 製品の在庫管理システム開発(動物用医薬品製造業)
  • 入出荷管理システムのRFID対応(卸売業)
  • 入荷品所在管理システム(小売業)
  • ラベル発行システム開発(木製品紙パルプ製造業)
  • 在庫管理システム照合機能追加(樹脂ゴム製品製造業)

自己紹介

主にハンディターミナルのアプリケーション開発を担当しています。ユーザー様からいただいたご要望・課題をもとに、その背景をヒアリングし、現場に寄り添ったシステム導入をサポートいたします。今後も現場に寄り添ったソリューションをご提供させていただくことで、よりユーザー様の課題解決に貢献したいと考えています。開発者でありながら、実際にGENBAをご訪問させていただけることで、ユーザー様と直接かかわることができ、より理解が深まりますし、直接感謝やお褒めの言葉をいただけるので、大変励みになっています。

お客様へメッセージ

入社1年目で、十数社のユーザー様のGENBAへシステムを納品させていただきました。ユーザー様のGENBAはまさしく"十人十色"で、同じ業種・業界でもひとつも同じGENBAはございません。だからこそ、ユーザー様自身、またユーザー様のGENBAや運用について深く理解することを大切にしております。今後もエンジニアリングチームとして、ITを使ってユーザー様の課題を様々な方法で解決できる知識と技術を蓄えていきたいと考えています。システムで解決できる課題、できない課題がGENBAにはあると思いますが、システムのことに限らず何でもお聞かせください。GENBAがよくなる方法を共に考え、共に創っていきましょう。

Work

所属/担当エリア
GIS事業部
得意分野
ハンディターミナルアプリの開発

Private

趣味
情報収集、音楽鑑賞、人間観察
好きなこと
デンパーク、ライブやフェスに行くこと
休日の過ごし方
ショッピング