KenPin STARTER 検品管理システム

簡単!シンプル!使いやすい!

バーコードとハンディを活用した 現場改善トライアルシステム KenPin STARTER

TOP 製品一覧 検品管理システムQ&A マメ知識
このページでは、現場改善に関するよくあるご相談、在庫管理の基礎知識をまとめたコラムやメルマガのバックナンバー、在庫管理に関わる用語集をご紹介しています。ぜひお読み頂き、日ごろの業務にお役立て下さい。 このページでは、現場改善に関するよくあるご相談、在庫管理の基礎知識をまとめたコラムやメルマガのバックナンバー、在庫管理に関わる用語集をご紹介しています。ぜひお読み頂き、日ごろの業務にお役立て下さい。

よくあるご相談

ここでは、お客さまからよく頂くご相談例をご紹介しています。
気になる「Q(Question)」をクリックして頂くと詳細が見られますので、よろしければご参考にしてください。
もちろん下記に当てはまらない疑問や質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q
手書き管理によるミスや工数に悩んでいる。
解決策 バーコードとハンディターミナルを活用することで改善できます。

アナログ管理だと、見間違い・書き間違い・入力間違い(ヒューマンエラー)が発生し、作業も時間がかかってしまいますが、バーコードとハンディターミナルを活用すると、見間違い・書き間違い・入力間違いが減り、 早くて正確な作業が行えます。

 

手書き管理によるミスや工数の改善

Q
商品にバーコードがついていないから、管理ができない。
解決策 商品の一覧データがあれば簡単にラベル発行を行えます。

各種メーカーのプリンタに対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

 各種プリンタ

Q
商品にバーコードラベルがつけられない。
解決策 商品に貼付できなくても、管理できる方法があります。

例えばバーコードブックで代用する方法、製品ではなく棚につける方法、人の目には見えない「ステルスバーコード」で管理する方法もあります。

 

 商品にバーコードラベルが貼付できない時の代替案

Q
過剰在庫や欠品・棚卸差異・誤出荷がなくならない。
解決策 iSTARTER®の導入で、課題の洗い出しと改善のきっかけを作れます。

現場改善トライアルシステムiSTARTER®を導入することで、課題の洗い出しや改善のきっかけを作ることができ、過剰在庫や欠品・棚卸差異・誤出荷を改善する現場の風土を醸成することができます。

 

STARTER画像

Q
基幹システムでの在庫管理に限界を感じている。
解決策 基幹システムと現場のシステムを切り分けて考えましょう。

ERPなどの基幹システムと現場のデータ管理には、大きな壁が存在しています。そもそも、全てを基幹システムでやろうとすることに無理があるのです。むしろ基幹システムと現場のデータ管理を切り分けてみる、その上で連携させる方が理にかなっていて、スムーズな情報管理を実現することができます。

 

基幹システムと現場システム 

Q
マスタデータがないから、始められない。
解決策 マスタデータの分類、生成、整備についてアドバイス致します。

製品にバーコードがついていれば、読み取った情報を元にマスタデータを生成こともできます。

 

マスタデータの分類、生成、整備

Q
どのハンディターミナルを選んでいいか分からない。
解決策 お客様にベストなハンディターミナルをご提案します。

IS-SYSTEMSは現場改善を通じてハンディターミナル運用の「生の情報とノウハウ」を培ってきました。独自のベンチテスト、選定基準で、お客様の現場に最適なハンディターミナルをご提案できます。

 

各種ハンディターミナルメーカー対応

 

 

 

 

 

   

Q
現場の実績データと上位システムが連携していない。
解決策 ハンディターミナルの導入で現場のデータ化を実現できます。

上位システムとの連携イメージ

検品管理の改善メルマガ

ここでは、検品管理に関わるメールマガジンをご紹介しています。
気になる「タイトル」をクリックして頂くと詳細が見られますので、よろしければご参考にしてください。

  • 第51回 IS News【現場改善で在庫精度UP!誤出荷ゼロ!】

    お世話になっております。 アイ・エス・システムズ IS News担当です。 今回は、「現場改善に成功されたお客様の事例」と、 「在庫精度UP、誤出荷防止のノウハウ」をご紹介します♪ 。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。 ◆最新事例のご紹介1 ~棚卸が必要ないくらい在庫精度がアップ...

  • 第38回 IS News【トラブル防止!物流・出荷現場での誤出荷対策】

    お世話になっております。 アイ・エス・システムズ IS News担当です。 皆さんは携帯番号を口頭で聞いた場合、 その番号をどれほど正確に、いつまで記憶できますか? こういったシーンで使用される人間の「短期記憶」では、 記憶容量は7±2の情報までで、20秒しか保持できないそうです。 例えば出荷現場で、7±2桁より多い商品コードを記憶し、 探すのに20秒...

  • 第28回 IS News【ピッキング作業の効率アップで物流改善!】

    いつもお世話になっております。 アイ・エス・システムズ IS News担当です。 早いもので新年が明けて一か月、来週はもう節分ですね。 ところで皆さん、節分の豆がなぜ炒ってあるかご存じですか? それは、節分が旧年の厄災を払い捨てるものである為、 撒いた豆から芽が出るのは縁起が悪いからです。 ご自身で豆を準備される際は、 豆まきならぬ、種まきにならないよ...

  • 第18回 IS News【ヒューマンエラーを未然に防ぐ仕組みとは】

    いつもお世話になっております。 アイ・エス・システムズ IS News担当です。 それではさっそく第18回 IS News、 【ヒューマンエラーを未然に防ぐ仕組みとは】をお届けいたします♪ 。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。 人間には失敗がつきものである。 これは誰もが分かっていることですが...

検品管理用語集

ここでは、検品管理に関わる用語集をご紹介しています。気になる「用語」をクリックして頂くと詳細が見られますので、よろしければご参考にしてください。

  • 検品

    工場や物流、店舗などの入荷や出荷において、 品物や個数が正しいか、品質が良いか検査すること。

  • 誤出荷

    出荷依頼に対して、誤った出荷をしたことを指す。個数間違い、商品間違い、出荷先間違いなど。

  • 先入れ先出し

    先に入庫した商品を、先に出庫するという出庫方法の一つ。別名は、「FIFO(First In First Out)」。商品が長期間保管されることで起こる劣化を防止するために使われており、特に消費期限が決まっている商品によく採用される。

  • 出荷

    梱包し配送伝票が貼付された出庫貨物・製品を、物流センターから出すこと。

  • 摘み取り方式

    オーダー(注文)ごとに商品を集めて梱包する方法で、 少ない出荷数で多くの出荷先がある場合に利用される。

  • 種まき方式

    複数のオーダー(注文)をまとめてピッキングする方法で、 少ない商品数を少ない出荷先に大量出荷する場合に利用される。

  • 入荷

    輸送されてきた貨物・製品が物流センターに到着すること。

  • パレット

    物流に用いる、荷物を載せるための荷役台のこと。材質は、木製、プラスチック製、アルミニウム製、紙製など。サイズは、日本では縦×横が1100mmの正方形のものが主流となっています。貨物を直接床に置くと汚れの原因になりますが、パレットの上に載せておけば汚れを防ぐこともできます。

  • ピッキング

    注文や要求(通常は出荷指示)に対して、その品物を在庫から選び出すこと。 摘み取り方式と、種まき方式がある。

全国750社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はハーティスシステムアンドコンサルティングまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ