改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、製造業様向け「工程管理システム」用途事例

製造業様向け「工程管理システム」用途事例

キーワード

製造業 / 工程管理 / 生産管理 / ⽣産指⽰データ / 生産指示書発行 / ⽣産実績データ / ⽣産指⽰書 / 工程進捗データ / 仕掛状況 / ⼯程⾶びチェック / 外注処理 / 原材料 / プレス加工 / 成形加工 / 熱処理 / 表面処理 / 梱包 / 在庫 / 開始・終了 / バーコードハンディターミナルの活用

① 全体の流れ
上位システムと連携した工程進捗の実績を管理できるシステムを御提案いたします。
上位システムで計画された生産の指示データをKouTeiSTARTER( カスタマイズ版 )に取り込み、
生産指示書番号のバーコードが印字された⽣産指⽰書を発⾏します。
その生産指示書を無線対応のバーコードハンディターミナルで読み取って各工程の実績を取得していきます。
これにより生産実績を現場で収集し、リアルタイムで実績データを確認できるため、お客様からの
納品お問い合わせ対応や生産状況の確認を行うことが可能となります。

② ⽣産指⽰データ取得&⽣産指⽰書発⾏
上位システムから⽣産指⽰データを取得して⽣産指⽰書の発⾏を⾏います。納期や製造品番などを選択し、
⽣産指⽰書番号のバーコードが印字された⽣産指⽰書を発⾏します。
これにより、導⼊済みの⽣産管理ソフトなどの上位システムと連携した⼯程管理をしていくことが可能となります。

③ 各⼯程実績取得
各⼯程の作業開始/ 終了の実績を取得します。⽣産指⽰書、⼯程の情報を⼊⼒し開始/ 終了の実績を登録します。
これにより、どの⽣産指⽰番号の⽣産品がどの⼯程に仕掛り、いくつ⽣産したかの実績管理が可能となります。

④ 仕掛状況⼀覧画⾯イメージ
各⼯程にてどの⽣産指⽰内容が仕掛中か⼀覧で確認することが可能となります。
⼯程名や、品名などで絞り込んで表⽰することも可能です。

⑤ ⼯程⾶びチェック機能⼯程マスタ画⾯イメージ
⼯程マスタより品番ごとの⼯程と、その⼯程順を登録していきます。
⼯程コードの⼀覧から選択して登録・解除を⾏います。

⑥ ⼯程順をチェックする流れ
生産指示書のバーコードをハンディターミナルで読み取り、無線通信を利用して品番ごとに
設定された工程マスタを参照します。工程を飛ばしていたり、間違った工程をハンディターミナルで
読み取った場合はエラーを表示して作業者に注意を促すことが可能となります。

⑦ 外注処理機能
外注処理機能を活⽤して外注コードと⽣産指⽰番号や⼯程など各必要情報を⼊⼒することで
外注⼯程への投⼊実績を取得することが可能となります。
これにより、外注の仕掛(投⼊)状況を管理することが可能となります。

⑧ 外注別投⼊状況⼀覧画⾯イメージ
外注⼯程に投⼊された⽣産指⽰状況を確認することが可能となります。
この画⾯を活⽤することで外注ごとの仕掛状況を確認して⽣産状況を把握することが可能です。

⑨ 上位システムへの実績送信
⼯程進捗管理システムで取得した実績データを業務終了後にテキストファイル出⼒し、
上位システムへ取り込めるようにいたします。
これにより、上位システムと連携した運⽤を⾏うことが可能となります。

⑩ WebClient
WebClientを活⽤し、⼯程進捗管理システムで蓄積したデータをWebブラウザ上で参照することができます。
これにより、社内ネットワーク上のパソコンから⼯程進捗データを確認することが可能です。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series