改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、金属加工業様向け「工具トレサビリティ管理システム」用途事例

金属加工業様向け「工具トレサビリティ管理システム」用途事例

キーワード

金属加工業 / トレサビリティ / 工具 / 研磨 / 磨耗限界アラート機能 / 滞留期間超過リスト機能 / レーザーマーカ / 二次元コード / ダイレクトマーキンク(レーザーマーキング) / 滞留期間超過 / バーコード / ハンディターミナルの活用

① 内容
弊社ベースアプリケーション KasiDasi STARTER (貸出管理・レンタル管理システム)をベースに
管理項目フィールド追加、磨耗限界アラート機能、滞留期間超過リスト機能などを御社向けに
カスタマイズしたシステムをご提案いたします。
また、レーザマーカとの連携機能を付加して二次元コードのダイレクトマーキングを行ないます。
これにより、工具1本単位での使用状況管理、磨耗限界管理等を様々な分析に活用する事が可能となります。

② 全体の流れ

③ マスタフィールド追加
工具のマスタ情報にフィールドを追加いたします。
これにより、御社の管理情報に合わせたマスタを登録して いくことが可能となります。

④ 滞留期間超過リスト機能の追加
各工具の滞留期間が設定よりも超過したものを一覧にする 機能を追加いたします。
これにより、払出・返却のタイムラグを確認できるので、 滞留期間が長いものは1本間引くなどの
施策を考えること ができます。

⑤ 磨耗限界アラート機能
工具の磨耗限界アラートをハンディターミナルに表示する機能を追加いたします。加工ラインから
工具が磨耗し、返却処理をハンディターミナルで行った際に、「新品長」「磨耗限界」「再研量」を
RenTal STARTERで計算し、磨耗限界が きている工具の場合にアラートを表示することができます。

⑥ 工具使用状況一覧
各工具の使用状況を確認できる画面を作成します。
これにより各工具の履歴を確認することが可能となります。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series