改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、物流・運輸業様向け「委託品の倉庫管理システム」改善事例

物流・運輸業様向け「委託品の倉庫管理システム」改善事例

キーワード

在庫管理 / 所在管理(ロケーション) / 倉庫管理 / 入出庫管理 / パレット票 / 加工 / ブロック / ロス・廃棄管理 / バーコード / バーコードハンディターミナルの活用

委託品の倉庫管理システム イメージ1

全体の流れ

委託品の倉庫管理システム イメージ2

パレットへの積み替えを行った際に貼付するパレット票を発行します。
登録されているマスタ情報を元に、パソコンにてパレット票に印字する内容を入力し、
レーザープリンタ等からパレット票を発行いたします。
このパレット票を貼付しておくことで、入出荷時にバーコードを読み取って処理を行うことが可能です。

委託品の倉庫管理システム イメージ3

加工を行う際に、倉庫からの出庫を行います。
この時点で、倉庫内の在庫から引き落としを行い、加工工程へ持ち出します。
これにより加工に利用した部材の出庫数を把握することが可能となります。

委託品の倉庫管理システム イメージ4

加工工程にて、加工品、ブロック品として完成した製品を、倉庫に入庫します。
倉庫への保管時にパレット票を貼付し、バーコードを読取、入庫処理を行います。
これにより加工による加工品、ブロック品の出来高を把握することが可能となります。

委託品の倉庫管理システム イメージ5

加工、ブロック、ロスなど処理内容に応じた作業履歴を表示します。
ハンディターミナルで行った処理に応じて、作業内容が履歴上に登録されます。
このデータをもとに履歴データの絞込みを行うことも可能となり、
加工、ブロック、ロスの数量が把握しやすくなります。
※画面はイメージです。詳細につきましてはお打合せにより決定いたします。

委託品の倉庫管理システム イメージ6

保管中のキズや欠けによるロスが発生した場合にロス入力を行います。
ハンディターミナルにてロスが発生した製品のパレット票バーコードを読取、数量を入力しデータを確定します。
このデータをもとに、在庫からロス分のマイナスを行います。
またロス入力の履歴を残すことも可能なので、一定期間でのロスの実績を把握することも容易になります。

委託品の倉庫管理システム イメージ7

各倉庫にパソコンを配置し、入出庫の実績を転送を行える仕組みを構築します。
転送したデータはサーバー版パソコンに集約され、データ参照等はサーバー側で行うことが可能となります。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series