改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、工作機械メーカー様向け「補修パーツ在庫管理システム&拠点展開」用途事例

工作機械メーカー様向け「補修パーツ在庫管理システム&拠点展開」用途事例

キーワード

各拠点・営業所の在庫品・在庫数の把握 / 入出庫管理 / バーコードラベル発行 / バーコードハンディターミナルの活用 / 上位システム連携

① ご提案内容
在庫管理システム「ZaiKo STARTER」を利用し、ラベル発行機能と既存上位システムと連携して
マスタデータやハンディターミナルで取得した実績データのやりとりができる仕組みをご提案します。
また、標準のアプリケーションをモデル営業所で運用した後、各営業所への展開します。

② 全体の流れ
既存の上位システムで管理されているマスタデータをCSV(テキスト)出力していただき、
そのファイルを在庫管理システム「ZaiKo STARTER」に取り込むことでマスタデータの準備を行います。
入庫時に品番バーコード付きの現品ラベルを発行して現品に貼付し、入庫処理を行います。
出庫の際は現品ラベルのバーコードをハンディターミナルで読み取って、出庫処理を行います。
入出庫のデータを在庫管理システム「ZaiKo STARTER」に取り込み、そのデータを
CSV(テキスト)出力して上位システムと連携することが可能です。「ZaiKo STARTER」で
管理している在庫データをもとに棚卸処理を行うことも可能となります。

③ ラベル発行時の自動入庫機能
入庫時、発注依頼書のバーコードを読取り、部品コードを 抽出し、バーコードラベルを発行します。
ラベル発行時に入庫データを自動生成し、入庫された扱い にします。

④ 上位システム連携機能(CSV出力機能)
在庫管理システム「ZaiKo STARTER」で使用する部材マスタやハンディターミナルによって
取り込まれた入出庫の実績データを、既存のシステムとデータ連携ができるようにします。
・CSVデータでのインポート・エクスポートを前提とします。
・データ連携のタイミングやデータレイアウトについては打合せにより決定いたします。

⑤ 棚卸リスト発行機能
部材に添付されているバーコードラベルをハンディターミナルで読取り、 棚卸を行います。
一部、バーコードがついていない部材に関しては、バーコード付きの 棚卸リストを発行して棚卸を行います。
棚卸リストをもとに棚卸数を数えた後、ハンディターミナルで バーコードを読みながら棚卸数を入力します。

⑥ 出庫処理/送付先単位で出庫データ生成機能
送付先ごとに出庫作業を行います。上位システムに出庫実績データを出力する際に、
送付先単 位で出庫データを分けるようにします。上位システムでは出庫伝票を発行する際に、
送付先単位に分けられたデータを活用しながら、伝票発行を進めることができるようにします。

⑦ 営業所における在庫管理
各営業所の在庫管理は、A営業所をモデルとして導入を進めます。
A営業所での運用が安定したのち、各営業所に導入展開を進めていきます。

⑧ 営業拠点での在庫情報送信機能
在庫管理システム「ZaiKo STARTER」の画面に「在庫データファイル作成」ボタンを作成して、
それをクリッ クすると所定のフォルダに在庫データのみを圧縮ファイルにして生成します。
※入出庫履歴は出力されません。

生成された圧縮ファイルをメールに添付していただき、本社へ送信していただきます。
社内VPNにより、共有フォルダによりデータのやり取りをすることも可能です。
※今後の打合せにより、決定させていただきます。

⑨ 本社における各営業所の在庫データ参照機能
各営業所から送られてきたメールに添付されている圧縮ファイルを所定のフォルダに 置き、
営業所在庫参照プログラムのアイコンからプログラムを起動させると、自動的 に圧縮ファイルを
解凍して在庫データを閲覧することが可能となります。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series