改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、物流・運輸業様向け「製品の在庫管理システム」改善事例

物流・運輸業様向け「製品の在庫管理システム」改善事例

キーワード

在庫管理 / 倉庫管理 / 入出庫管理 / 製品 / 上位連携 / 現品票発行 / ピッキングリスト印刷 / ピッキング検品 / 棚卸 / バーコード / QRコード / バーコードハンディターミナルの活用

製品の在庫管理システム イメージ1

全体の流れ

製品の在庫管理システム イメージ2

上位システムから出力される入荷予定データを取り込む機能を追加いたします。
これにより、入荷予定データをもとにラベル発行を行うなど、入荷予定データを活用することが可能になります。

製品の在庫管理システム イメージ3

上位システムから出力される出荷予定データを取り込む機能を追加いたします。
これにより、ピッキングリストの印刷や出荷時の検品など、出荷予定データを活用することが可能になります。

製品の在庫管理システム イメージ4

入荷予定データを元に、現品票発行機能を追加し、
ラベルプリンタから現品票をロット毎に発行できるようにいたします。
これにより、入荷予定にあわせた現品票を事前に発行しておくことが可能になります。

製品の在庫管理システム イメージ5

入庫時に現品票のQRコードをハンディターミナルで読み取り、
担当者、置場、品番、数量を入力して入庫処理を行います。返品に関しては専用の置場にて管理し、
実績データは無線LANアクセスポイントを経由して ZaiKo STARTER に蓄積します。

製品の在庫管理システム イメージ6

ピッキングリスト印刷機能を追加し、出荷日や品番などの必要な情報をQRコードに持たせます。
これにより、ピッキングリストごとにピッキングを行うことが可能になります。

製品の在庫管理システム イメージ7

受注データを元にした出荷検品機能を追加いたします。QRコードを読み取るとリアルタイムで通信し、
PCに取り込んだ出荷予定データをチェックしながら検品を行います。
これにより、出荷と同時に出荷検品を行うことが可能になります。

製品の在庫管理システム イメージ8

組立を完了したオーダーを出荷する際に、ピッキングリストのQRコードをスキャンします。
確定処理したオーダーは、ピッキング済み製品の在庫を引落します。

製品の在庫管理システム イメージ9

登録した置場情報をもとにして出荷時に出荷しても良いかどうかの判定を行う機能を追加いたします。
返品などの不良品を専用の置場で管理していきます。これにより、返品商品の出荷防止が可能となります。

棚卸時は棚卸開始処理をすることで前回の棚卸実績をクリアしてから作業を開始します。
ハンディターミナルで現品票のQRコードを読み取り、置場、品番、数量等を入力して棚卸処理を行います。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series