改善のヒントが見つかる事例の宝庫。改善事例

TOP 改善事例 用途事例、製造業様向け「固定資産管理システム」用途事例

製造業様向け「固定資産管理システム」用途事例

キーワード

固定資産管理 / 計測機器 / 棚卸 / 貸出返却(レンタル) / 検査実績 / QRコードラベル発行 / 親子マスタ(構成品の紐づけ登録) / 使用期限 / バーコードハンディターミナルの活用

① 全体の流れ
計測機器などの固定資産の単品管理を行うことができるご提案です。
QRコードラベルを貼付し貸出/返却や廃棄などの在庫状況の管理や検査実績の登録などを行うことで、
固定資産の所在や状態の管理を行うことが可能となります。

② 親子マスタ
一つの製品に対して、構成品の紐づけ登録を行います。
これにより、親製品の貸出時に、構成部品をすべて紐づけて貸出を行うことが可能となります。
棚卸などについては子部品ごとに行うことも可能です。

③ 棚卸処理
ハンディターミナルによる、棚卸処理を行います。棚卸処理時に、その時点での稼働率情報を登録します。
これにより、棚卸終了時には製品ごとの稼働率情報を 確認することが可能とになり、
廃棄検討を行うことが可能となります。

④ 検査1
製品の定期検査時に、ハンディターミナルによる検査実績の登録を行います。
これにより、検査結果、有効期限の情報更新を行うことが 可能となります。
実績データは履歴情報として蓄積していくので検査履歴の後追いを行うことも可能です。

⑤ 検査2
製品リスト上で稼働状況を確認し、廃棄検討登録を行います。棚卸時に取得した稼働情報を表示し、
その情報をもとに、稼働率が 低い製品を廃棄検討品として登録していきます。
これにより、廃棄検討製品の一覧を作成することが可能となり、この情報をもとに
廃棄予算の申請を行うことが可能となります。

⑥ 廃却
ハンディターミナルを利用して、製品の廃棄処理を行います。廃棄処理を行った製品については、
マスタ情報上で廃却扱いとし 貸出製品の一覧の表示上は削除されます。マスタ情報としては
一定期間は保持しておき、ある一定期間で 削除していくことも可能です。

上記の提案でご紹介したiSTARTER series