TOP メルマガ登録フォーム メルマガ・バックナンバー メルマガ・バックナンバー 第28回 IS News【ピッキング作業の効率アップで物流改善!】

メールマガジン・バックナンバー

第28回 IS News【ピッキング作業の効率アップで物流改善!】

2013-01-31

いつもお世話になっております。
アイ・エス・システムズ IS News担当です。

早いもので新年が明けて一か月、来週はもう節分ですね。
ところで皆さん、節分の豆がなぜ炒ってあるかご存じですか?

それは、節分が旧年の厄災を払い捨てるものである為、
撒いた豆から芽が出るのは縁起が悪いからです。

ご自身で豆を準備される際は、
豆まきならぬ、種まきにならないようご注意下さい☆

また、種まきと言えば物流現場にも“種まき”がありますよね。
そこで!今回のIS Newsは物流改善についてお送りしたいと思います。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「物流改善の基本!ピッキング」


倉庫や物流センターにおける作業の6~7割は、
ピッキング(仕分け作業)や出荷作業だと言われています。

つまりこの部分の現場改善が出来ているか否かで、
企業の経営状況は大きく変わるといっても過言ではありません。

また、ピッキングには呼び名や分類がいくつかありますが、
以下の大別が分かりやすいと思います。


それは「摘み取り方式」と「種まき方式」です。


★摘み取り方式とは★

オーダー(注文)ごとに商品を集めて梱包する方法で、
少ない出荷数で多くの出荷先がある場合に利用されます。

【メリット】ピッキングしたものをすぐに出荷できる
【デメリット】ピッキング作業者の移動距離が長くなる


★種まき方式とは★

複数のオーダー(注文)をまとめてピッキングする方法で、
少ない商品数を少ない出荷先に大量出荷する場合に利用されます。

【メリット】ピッキング作業者の移動距離が短縮できる
【デメリット】荷捌きスペースが必要、仕分け状況が把握しづらい


こういったピッキングの種類や特徴を理解することで、
作業精度は高くすることができます。

つまり物流改善の基本的なポイントは、
商品やオーダーの特性にあった方法を選択・組み合わせること、
そしてピッキングの効率アップにあるのです。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「どうする?ピッキングの効率アップ」


ではピッキングの作業効率を上げるためには、
一体どうすればよいのでしょうか?


簡潔にポイントを絞ると、

・作業動線の最小化
・ピッキング作業時間のムダ取り

この2つがあると言えます。


またこれらを考えるヒントは一般的ではありますが、
ECRS(改善の原則)が良いでしょう。

改善の原則とは、

・Eliminate(排除)なくせないか
・Combine(結合)一緒にできないか
・Replace(交換)順序変更はできないか
・Simplify(簡素化)簡単にできないか


という、工程や作業、動線などの分析に即した改善指針で、
FAからOAまであらゆる業態に活用可能な考え方です。

ぜひ頭の隅で覚えて頂ければと思います。


一方、実際の現場ではどのような課題や悩みがあるのでしょうか?
実は多く寄せられるフレーズがこちら。


【熟練者でないとピッキングができない】


商品数が多くて倉庫も広い上に仕組みがない、
これでは経験の浅い作業者は当然時間がかかってしまいますよね。

そこでITツールの出番がやってきます!

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「ITを活用して現場改善をしよう」


熟練者でないとピッキングができない…
この状況を打開するためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、
商品がどこにあるか誰でも分かる仕組みを作ることです。


でも一体どうやって?


そう、毎度おなじみのアレです。
バーコードやハンディターミナルを活用することです。

ハンディターミナルに棚位置や商品情報を表示させることで、
経験に左右されないピッキングの仕組み作りが可能です。


ただし、この時に注意点があります。


それはピッキングの作業効率を図るには、
必ずしもピッキングだけ注目すればいいとは言えないことです。

何故なら、

「広い倉庫のどこにどんな商品がいくつあるのか」


これが精度の高いデータとして現場から取れていなければ、
ピッキング部分だけ改善しても根本的な解決は難しいからです。


つまり、在庫管理が出来ていないとダメということですね。


もしこの部分がおろそかである場合は、
そもそもの物の管理の部分を見直されると良いと思います。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「最大の改善は現場を活性化させること」


現場改善をする上で一番難しいのは、
意識改革だと言われています。

改善に取り組む気持ちがあるか、それが全員と共有できているか。

この雰囲気作りが出来ていなければ、
多額のIT投資を行ったところで良い結果は出ません。


また、どんなに現場を良くしようと思っていたとしても、
それが一人だったら出来ることは限られてしまいます。

そんな時こそ“チームの力”が必要です。

全員で目標を共有すれば大きな力となりますし、
改善方法だってたくさん思いつくことが出来ます。


みんなで改善する!

これこそが、何にも勝る成功の秘訣なのではないでしょうか。



今回のIS Newsはこれでおしまいです。
最後までお読み下さりありがとうございました。

また次回のIS Newsでお会いしましょう!

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。

◆編集後記【その種まきじゃない】

初めて種まき出荷という言葉を聞いた時、
土が入った段ボールに種をまいて出荷することだと信じていました。笑
出荷先に届く頃には芽が生えているかな。
摘み取りって実が成ったころに摘み取るってことかな。
でも段ボールで育てるなんて変わった農業もあるんだなぁ~と誤解が満載。
その種まきじゃない!と教えてもらった頃が懐かしいです。

全国750社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はハーティスシステムアンドコンサルティングまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ