TOP メルマガ登録フォーム メルマガ・バックナンバー メルマガ・バックナンバー 第46回 IS News【自動認識総合展の最新情報・トレンド】

メールマガジン・バックナンバー

第46回 IS News【自動認識総合展の最新情報・トレンド】

2014-09-18

お世話になっております。
アイ・エス・システムズ IS News担当です。

皆さん、秋と言えば何を思い浮かべますか?

紅葉の秋?それとも食欲の秋?
いえいえ、秋といえば自動認識総合展ですよ~!

そこで、今回は先週ビッグサイトで開催された、
自動認識総合展の最新情報・トレンドをお送り致します♪

■Topics■
・注目キーワード!IOT(Internet of Things)とは?
・ハンズフリーで効率アップ!ウェアラブル最新情報
・物流展の影響?RFID関連のソリューションも多数出展

★お知らせ★
・Webサイトをリニューアルしました!以下URLからご覧頂けます。
 URL:http://www.is-systems.co.jp/

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「注目キーワード!IOT(Internet of Things)とは?」


今回、IOTを意識した展示が見られたのですが、
皆さんはこの言葉をご存知ですか?

IOTとはInternet of Thingsの略で、
直訳すると『モノのインターネット』という意味です。

今までインターネットに接続されることのなかった、
白物家電や自動車などのモノが、
インターネットを通じて繋がることを言います。

例えば、睡眠測定器と家電がIOTで繋がると…。

『あなたが目覚めたことを測定器が家電に知らせ、
 自動で部屋の明かりがつき、コーヒーが淹れられる』

そんなSF映画の世界も夢ではない、ということです。


ただIOT自体は新しい概念ではなく、
初めて提唱されたのは1999年、今からおよそ15年前のこと。

近年急速に広まった背景は、スマートフォンの爆発的な普及と、
ビッグデータ活用の波にあると言われています。

IEEEなどの世界的な研究機関も注目しているIOT。
今後の動向が気になりますね!

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「ハンズフリーで効率アップ!ウェアラブル最新情報」


次にバーコードリーダーメーカーの状況ですが、
昨年同様、ハンズフリーがテーマとして掲げられていました。

例えば、デンソーウェーブさんは頭部装着型のスキャナ、
カシオさんは音声ソリューションなど。

ウェルキャットさんからは11月発売予定の新商品、
WIT-220-N(手首装着型)の展示もありました。

また今年の自動認識総合展は、
海外メーカーの出展増加も一つの特徴と言えます。

具体的にはアメリカ、イタリアの出展だけではなく、
昨年より台湾、今年から韓国などのアジア勢が加わっています。

代理店経由ではなく直接出展するメーカーもあり、
市場開拓の意欲が伺えました。

世界のマーケットをめぐって、
各国の製品が展示される日も近いかもしれませんね。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


「物流展の影響?RFID関連のソリューションも多数出展」


最後に、展示ソリューションについてですが、
各社共通した傾向が見られました。

それは、物流に焦点を当てたRFID関連の展示です。

実は、今回の自動認識総合展は、
2年に1度の国際物流総合展と同時開催でした。

その影響もあるのか、物流におけるピッキング改善や、
UHF帯のRFIDを利用した大掛かりな展示が目立ちました。

また、自動認識システム大賞も、
RFIDを活用した改善が軒並み入賞。

国内で活用事例が増えてきたことが伺えます。

さらに一昨年のUHF帯周波数移行で、
米国、中国、韓国などと同一の周波数帯になったことにより、
今後はグローバルな事例も出てくることが予想されます。

とはいえ、製造分野のRFID活用事例はわずかで、
まだまだバーコードや二次元コードが主流となりそうです。

今後も新しい情報が入り次第、ご紹介させて頂きます。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*


以上、最新の自動認識ニュース・トレンド情報、
いかがだったでしょうか?

『情報は欲しいけれど、展示会になかなか足を運べない』
『展示会に行ったはいいが、情報の取捨選択が難しい』

このようなお客様に向けて、
今後も自動認識総合展の新着情報、トレンド、
メーカー各社の動向を独自の見解でご紹介していく予定です。

紙面版も現在制作しておりますので、
ご希望の方はお気軽に下記メールアドレスまでご連絡下さい。
mail@is-systems.co.jp


今回はこれでおしまいです。
最後までお読み下さりありがとうございました。

次回のIS Newsでお会いしましょう!


★★★ Webサイトをリニューアルしました ★★★

トップページ
http://www.is-systems.co.jp/

現場のことを分かっている。だから任せられる。
IS-SYSTEMSが選ばれる6つの理由とは?
http://www.is-systems.co.jp/reason/

課題解決のポイントとよくあるQ&A、
お悩み解決はこちら。
http://www.is-systems.co.jp/worries/

適正在庫を保つコツ、教えます。
在庫管理コラムはこちら。
http://www.is-systems.co.jp/column/


などなど、新しいコンテンツが満載!

弊社はハンディターミナルを活用した現場改善で、
550社1800案件の導入実績があります。

現場の情報化、IT導入でお困り事がございましたら、
何でもお気軽にご相談下さい☆

■お電話でのお問い合わせ
【関東エリア】03-3373-8950
【中部エリア】0564-87-2050
【関西エリア】06-6543-5573

■メールでのお問い合わせ
http://www.is-systems.co.jp/contact/

全国750社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はハーティスシステムアンドコンサルティングまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ