TOP メルマガ登録フォーム メルマガ・バックナンバー メルマガ・バックナンバー 第52回 IS News【いま話題のテレワークとは】

メールマガジン・バックナンバー

第52回 IS News【いま話題のテレワークとは】

2015-09-10

お世話になっております。
アイ・エス・システムズ IS News担当です。

台風の影響は大丈夫でしたか?
状況によっては、出勤できるかヤキモキしますよね。

実は、こうしたお悩みを解決する一つの方法として、
いま注目を集めている新しい働き方があります。

それは、ICT(情報通信技術)を活用した「テレワーク」です。

今回のIS Newsでは、テレワークがなぜ注目されているのか?
弊社の事例も交えながらご紹介したいと思います♪

▼テレワークで働き方が変わった!社員の声はこちら▼
http://www.is-systems.co.jp/news/241

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「テレワークが注目されている理由」


テレワークとは、「Tele =離れた場所」と「Work =働く」の造語で、
ICTを活用した場所にとらわれない柔軟な働き方のことを言います。

働く場所によって、

・自宅を拠点とした「在宅勤務」
・外出や移動時の「モバイルワーク」
・レンタルオフィスなどの「サテライトオフィス勤務」

の3種類に分けられます。


テレワークが注目されている理由は、
企業だけでなく、働く人や国にとってもメリットがある点です。

例えば経営的な観点でまとめると、

★人材
・退職による人材流出の低減(企業)
・雇用の創出(国)
・ワークライフバランスの向上(働く人)

★生産性やコスト
・オフィスコストの削減(企業)
・移動時間の短縮や効率化(働く人)

★事業や地球の存続
・BCP対策(企業)
・環境負荷の軽減(国)

などなど。

2013年のテレワークソリューション市場は277億円でしたが、
年々市場が拡大し、2020年には1,068億円に達する予想も出ています。

いま、テレワークは注目を集めている働き方なのです。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「テレワークの導入ポイント」


では、どのように導入を進めればよいのでしょうか?

ポイントは、
“目的を定めて、活用範囲を徐々に広げること”です。

なぜなら、テレワークは利点が多く、活用範囲も広い為、
一度に全てを行おうとすると現場が混乱してしまうからです。


★弊社の場合は、

STEP1 業務効率化のため、自然にモバイルワークが始まる
STEP2 ワークライフバランスの観点から在宅勤務を導入
STEP3 BCP対策や環境貢献へ応用

このような順序で取り組みを進めています。
(ハードウェアや通信環境の整備は、1と2の間に実施しました)


また、テレワークの意外な盲点は、
「新人などの経験が浅いスタッフは難しい」という点です。

1人では的確なタスク管理や意思疎通ができないスタッフは、
熟練度に合わせてトライすることをお勧めします。


★その他の課題は、

・労務管理
・セキュリティ対策
・コミュニケーション

この3つが課題になるケースが多いようですが、
経験上、クラウドの活用で解決できる内容も多いと感じています。

そう、“テレワークはクラウドの活用が鍵”なのです。

。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。・*.。


「テレワークを加速させるクラウド」


最後に、お勧めのクラウドサービスについてご紹介します。

弊社では、お客様に最適なIT活用をご提案するため、
各社のクラウドサービスを徹底的に使って、比較を行いました。

そうして選んだのが、Microsoft Office365です。

ビジネスに必要な機能が1つに集約されている点、
安定性、拡張性、使い勝手、コストバランスなどが理由です。


★Office365の機能は、

・メール、スケジュール管理
・在席確認、ウェブ会議
・ドキュメント管理
・情報共有(社内SNS)

簡潔に言うとこのような感じです。


弊社の場合、Office365を基盤に仕組みを整えたところ、
以前より約20%経費が削減され、

台風の日はテレワーク(笑)など、
その時に合った働き方が選べるようになっています。


なお、総務省もテレワーク推進を強化していて、
先日Office365のSkype for Businessが導入されたそうですよ。


皆さんもぜひ、テレワークを体験してみませんか?



今回はこれでおしまいです。
最後までお読み下さりありがとうございました。

次回のIS Newsでお会いしましょう!


▼テレワークで働き方が変わった!社員の声
http://www.is-systems.co.jp/news/241

▼日本Microsoft視察ツアーのご案内
http://www.is-systems.co.jp/news/251

▼米Microsoft WPC 2015オーランドレポートのご案内
http://www.is-systems.co.jp/news/252

全国750社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はハーティスシステムアンドコンサルティングまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ