ZaiKo STARTER 在庫管理システム

簡単!シンプル!使いやすい!

バーコードとハンディを活用した 現場改善トライアルシステム Zaiko STARTER

TOP 製品一覧 在庫管理システム機能とカスタマイズ

ZaiKo STARTERの機能

パッケージと違ってシンプルで、カスタマイズの拡張性は無限大!どんな業種でも必ず必要な、在庫管理の根幹となる機能のみを厳選しています。 パッケージと違ってシンプルで、カスタマイズの拡張性は無限大!どんな業種でも必ず必要な、在庫管理の根幹となる機能のみを厳選しています。
バーコード・2次元コード・バッチタイプ・無線タイプ バーコード・2次元コード・バッチタイプ・無線タイプ
入庫

管理対象の品番バーコードを読み取り、棚番・数量を入力することで、入庫処理が行えます。

出庫

管理対象の品番バーコードを読み取り、棚番・数量を入力することで、出庫処理が行えます。

棚卸

管理対象の品番バーコードを読み取り、棚番・数量を入力することで、棚卸処理が行えます。

在庫・棚卸リストの一覧表示

登録されている在庫の一覧表示、日付別・製品別の入出庫履歴、月別移動量、棚卸リストなどを見ることができます。

マスタ保守

製品マスタ・棚番マスタ・担当者マスタなどの、各種マスタの登録・修正・削除が行えます。

バーコード印刷

バーコード印刷画面より、品番・棚番・担当者のバーコードラベルの印刷が行えます。
※A4版 12面タックシール対応。

動作環境

iSTARTER®の動作には、Microsoft® Office Access 2007、Microsoft® Office Access 2010、Microsoft® Office Access2013が必要です。また、ご利用の際にはOffice365 ProPlusの導入を推奨致します。(インターネット接続可能なパソコンへの導入が前提となります。)

※Microsoft は米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

導入に失敗しない!3STEP方式によるシステム構築手法 導入に失敗しない!3STEP方式によるシステム構築手法

導入に失敗しない!3STEP方式によるシステム構築手法

システム導入を成功させるためには、そこに至るまでのプロセスが重要です。今できることは何か?それにより何が起こるのか?初回の完成度はたとえ低くても、ひとりひとりが考えるきっかけを作ることが成功への第一歩です。
そこで、弊社は独自の3STEP方式を採用しています。現時点で顕在化している緊急課題と、導入中、導入後に予測されるあらゆる問題を共有・分類し、テーマを3 段階のフェーズに分けてシステム導入を行う方法です。最低限の機能に絞ったベースアプリケーションを元に、必要なものだけを合理的に追加していくため、無駄がなく、現場の使い勝手も格段に向上させることができます。

【3STEP方式で導入を行った場合の一例】
  1. 1 Zaiko STARTERに最低限必要なカスタマイズを行い、在庫管理システムを導入。
  2. 2 実際に使ってみて、本当に必要だと思った機能(例えば入庫時に自動でマスタ登録をしたり、発注点未満の在庫をメールでお知らせする機能など)をカスタマイズする。
  3. 3 別の拠点からも在庫状況が見れるようにクライアント版のシステムを入れる。

やりたいことをステップに分けることで、トライアルの内容がシンプルになり、負荷分散も行えるため、
失敗しない在庫管理システムの導入を実現できます。
※システムの機能でステップを分ける方法もありますが、まずはメイン製品から管理を初めて、運用に慣れてきたらマイナー製品の在庫管理も開始する、といったトライアルの範囲を区切って行う方法もあります。

カスタマイズ例

ZaiKoSTARTERのカスタマイズ例

上位連携機能(マスタファイル取込)

上位システムのマスタ情報を、システムに取り込む機能を追加します。これにより、マスタの登録・編集といった作業工数を削減することができます。
※データレイアウトはお打ち合わせで決定します。

CSVデータ出力機能

上位システム用にデータレイアウトを調整した履歴データを、CSV出力できる機能を追加します。これにより、上位システム側で履歴ファイルの取り込みが可能になります。

棚移動

管理対象品の移動元と移動先のロケーション情報を登録できる機能を追加することで、在庫の移動処理と、移動の履歴情報を管理することができます。

出庫先登録機能

出庫先コードを読み取ることで、出庫先登録ができる機能を追加します。これにより、製品がどこに出庫されたかの履歴情報を管理する事ができます。

ラベル発行機能(携帯プリンタからの発行)

管理対象品の移動元と移動先のロケーション・管理品情報を読み取ることで、在庫の棚移動が行える機能を追加します。これにより、在庫の移動処理と、移動の履歴情報を管理することができます。

Client版

Client版のシステムを別のパソコンへご導入頂くことで、管理データを別の端末で閲覧できる仕組みを構築します。
※ClientパソコンにはMicrosoft office ACCESSが必要となります。

その他カスタマイズ例

・履歴データアーカイブ ・構成部品一括出庫機能 ・マスタ取扱項目追加(フィールド追加)
・ロットNo.ラベル発行機能 ・ロット情報取得機能追加 ・ロット逆転チェック ・Client版データ送信機能
・上位システム棚卸理論数との突き合わせ ・現品票分割機能 ・Web Client拠点別在庫データ参照機能
・発注データ連携現品ラベル発行機能及び入庫検品機能 ・棚番バーコードと品番バーコードの準備

※上記以外にもたくさんの実績がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

全国750社の導入実績!御社に最適なご提案を致します!

現場の課題と解決策を見つけよう! 「GENBAの本」
ニュースレター、自動認識展レポートなどなど…
全て無料でダウンロードできます!!
無料ダウンロードはこちら 3種類のサッシ

在庫管理・工程管理・検品などの現場改善はハーティスシステムアンドコンサルティングまでお気軽にご相談下さい。

現場改善トライアルシステム iSTARTERシリーズ